国産い草を使用した新しい畳「いぐさロール」 拡大 標準 いぐさロールトップページ

天然のい草ですので日焼けします。

天然の畳と同じで最初は緑色ですが、日焼けして緑から白、そして黄色に焼けていきます。直射日光の当たる所に置いておきますと、日焼けが早く進みます。 なるべく直射日光の当たらない所へ設営して頂くことをおすすめします。

湿気が多い場所にご注意下さい。

い草は空気中の水分を吸ってくれますが、あまりに湿度が高いところへ何日間も置いておきますと、水分を吸い過ぎて、カビが生える原因になる恐れがあります。目安としては湿度60パーセントよりも低いところが適しております。通気性の良いところでしたら問題ないと思います。また、水にも弱いので、いぐさロールシートに水や液状のものを万一こぼした際には、すぐに拭き取ってください。

なるべく優しく扱ってください。

いぐさロールの上で飛び跳ねたり、走ったり、急激な力を加えると 畳が早く劣化して、ぼろぼろになりやすくなります。なるべく優しく扱ってください。

座る際にご注意下さい。

いぐさロールの座面は畳と同じですので、ポケットや腰にぶら下げている鍵を挟んで座面に座ったりすると、座面がへこんだり、傷がつく原因になります。

マメなお掃除をオススメします。

いぐさロールの溝にはほこりが溜まりやすいので、定期的にミニ箒などで掃き掃除をすることをお勧めします。

いぐさロールの形をより長く保つために。

いぐさロールは畳表で作った筒にい草がぎっしり詰まっているもですが、無理やりい草を押し込んだり、鉛筆や棒のような細長いものでつつくと中身が出てくる恐れがあります。逆にペンチのようなもので引っ張ると、抜けてくる恐れがあります。中身を取り除くような行為はしないようお願いいたします。













↑↑
copyright (c)  畳屋道場  All rights reserved.
〒991-0061 山形県寒河江市中央工業団地64 TEL:0237-86-5063 FAX:0237-86-5775
※当サイトに掲載されているデータの無断転載を禁止します。
※当サイトでは掲載情報に厳重なチェックを心がけておりますが、万が一記載ミスが生じた場合、予めご容赦下さい。
copyright (c)  TATAMIYA-DOJO All rights reserved.