国産い草を使用した新しい畳「いぐさロール」 拡大 標準 いぐさロールトップページ

ご利用者様の声


宮崎優子さん
LOPLOPLAND  | 宮崎優子さん
はじめ友人から『知り合いが畳でベンチをつくってるんだけど置いてみない?』 と話を聞いたときに頭で想像したものと、実物を見て座ってからでは全然違いました。 高級感があって古い日本の伝統の重みも感じるのに、親しみやすさがあります。 いぐさロールひとつひとつの丸みがやさしく、とても気に入っています。 ご来店いただくお客様も気軽に荷物を置いたり腰をおろしたり、 ときにはなでて和まれてる様子があり、店での良い脇役になっています。
▼LOPLOPLANDホームページ





上村鮎子さん
十和田乗馬倶楽部 | オーナー 上村鮎子さん
横になるとい草の香りがほのかに香り、 森林浴をしているように癒されます。 会社のロビーに置いているのですが、 一度座ると落ち着くので、ついつい腰を上げるのが遅くなります。 ときどき周りに見つからないようにこっそりと牧場でのんびり昼寝するのにも使っています。 ロールの構造が痛くなく、夏にピッタリで涼やかです。 デザインもレトロな高級感がありながらも、 畳の持つあたたかみや親しみを感じられます。
▼十和田乗馬倶楽部のホームページ





塩原観光ホテル 割烹旅館 湯の花荘 | 女将さん
和のモダンな雰囲気を持ち、斬新な形状におもてなし心を感じます。 お客様も座るだけでなく横になっても気持ちがいいと。 い草のほんのりとした香りにも癒されます。 これからもい草ロールと共に「一期一会」でお客様をお迎えしたいと思っております。
▼塩原観光ホテル 割烹旅館 湯の花荘のホームページ





完戸修平さん
カフェラボラトリー | オーナー 完戸修平さん
いぐさロールのベンチを置かせてもらっている私のカフェは、内装はジャンクなアンティーク、家具はアメリカの古いインダストリアル系やイームズ、カリモクなどのいわゆるカフェ向きな物ばかりの店ですが、いぐさロールは以外と店と合っています。おそらくただの畳ベンチではなく、ロールになっているお陰で【和】過ぎないのが良いのじゃないかな。座った後に畳と気がついて驚くお客様もいて、そこからコミュニケーションが産まれたりすることもあります。
▼カフェラボラトリー





北橋康介さん
ラッシュグラス | 北橋康介さん
地元の特産品でお店の名前の由来でもある、い草を使ったアイテムがお店に欲しいと思ってた時に紹介してもらい、お店に置かせて頂いてます。来店されるお客様も寝そべったり、 畳の香りに癒されると いって頂いて喜んでもらってます。中でも一番驚かれるのがロールの構造で畳って気づかない方もいらっしゃるほどです。そのせいか白を基調にした店内にも 意外にマッチしてとても気に入ってます!!!
▼ラッシュグラス





武雄市役所  | 武雄市長 樋渡啓祐 様
とっても気に入りました。背筋が伸びつつ、お尻にほど良い刺激があって、癖になります。皆さんもぜひ、この心地よさを体感してください。





佐藤一成 さん
SUNNY BOWL | 店長 佐藤一成 さん
ベイビールームにどんなの敷こうかと考えていた時に知り合ったのが航君でした。 いろいろ考えて、 やっぱり自然の物がいいのかなと考えて独特のデザイン性 、 ベンチで寝っ転がってみた気持ち良さに惹かれて採用しました。 小さいお子様連れのお客様にも喜んでもらっています。





中島拓也 さん
中島タタミ店 | 中島拓也 さん
い草ロールとウォールナッツカラーのコントラストの美しさに惹かれて畳店の商談スペースに置かせていただくことにました。 い草ロールを縦に撫でると、一般的にはなかなか目に掛かれない高級な畳の感触、そして横にロールを撫でると独特の凸凹間、今までにない触り心地を味わえます。 イグサロールを使って行くうちに、ロールの硬さもより体に馴染むように感じます。しかしながら、しっかりとした作りで美しい。 お客様からも部屋に入るなりすぐに話題になるイスです。 椅子でありながらお客様に畳の良さと、新しさを味わっていただける。 畳店に限らず、いろんなスペースに似合いそうです。





米岡 さん
インド在住|米岡 さん
インドはデリー郊外のグルガオンという新興都市に住んでいます。ここは最近、日系のみならず世界各国からの企業が本社・拠点を設ける都市です。日本とインドは同じアジアとは言え西と東の両端同士で、我々日本人が求める日本の「モノ」や「情報」は殆んど入って来ません。衣食住のすべてが違うインドでは、畳なんて全く無理と完全にあきらめていました。縁あって「いぐさロール・ベンチ」が我が家にやってきたおかげで、見た目に癒され、香りに癒され、肌触りに癒され、大変幸せな気分に浸っております。日本に居た頃は「フローリングで十分」なんて思っていた自分が、恥ずかしくなるほど畳に癒され、つくづく日本人だなあと思い知らされております。海外では生活様式が異なり、日本と同じ畳では利用し辛い場合も多いと思いますが、様々な住環境に合わせた畳家具を作って頂き、世界中で多くの日本人を、いや世界中の人々を癒してください。





八代市長 中村博生 様
八代市役所|八代市長 中村博生 様
八代市役所1階ロビーに設置をさせていただいています。 来庁された市民の方々が、腰かけられて、にこやかに会話されているところをよく見かけます。 いぐさは、我が八代市の特産品です。畳以外にも、こうした工夫を凝らした商品が開発されていることに、 素材としての更なる可能性を感じております。 座った時の心地よさと、いぐさの香りによって、多くの方を癒してくれればと思っております。





↑↑
copyright (c)  畳屋道場  All rights reserved.
〒991-0061 山形県寒河江市中央工業団地64 TEL:0237-86-5063 FAX:0237-86-5775
※当サイトに掲載されているデータの無断転載を禁止します。
※当サイトでは掲載情報に厳重なチェックを心がけておりますが、万が一記載ミスが生じた場合、予めご容赦下さい。
copyright (c)  TATAMIYA-DOJO All rights reserved.